×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ローソンのフランチャイズ加盟店募集

ローソンは車で走っていると必ず見かけるコンビにですよね。現在ローソンではフランチャイズ店舗のオーナーを募集されています。

土地や建物が用意されたもの、全てをオーナーが用意する場合などローソンのフランチャイズシステムは三つの契約タイプに分かれています。ここどはローソンのフランチャイズ加盟のシステムについて簡単にご紹介します。

スポンサードリンク

FC-C5タイプとFC-Gタイプは土地や建物が用意できない方に、既存の店舗や新規オープン予定の店舗をローソン側が用意し、店舗オーナーとなるシステムです。FC-B4タイプは、オーナーが土地と建物を用意し、また店舗建設と内装費用もすべて負担するシステムです。

ローソンのフランチャイズ店舗オーナーの役割は、3つあります。一つ目は、クルー(アルバイト・パート従業員)を採用し教育して、人事の管理をすることです。二つ目は、商品の発注をしたり、お店の販売促進を行うことです。三つ目は、売上と経費の管理です。

ローソンの教育研修は充実していて、新店舗オープンまでに約三週間、オープン後も約二週間の研修があります。

ローソンでは本部と店舗を結ぶ情報管理システムがあり、店舗運営に必要な情報を店舗に提供することで万全のフォロー体制をとっています。会計業務は本部が行いますので、店舗オーナーは経営に専念することができます。スーパーバイザー(店舗巡回指導員)の存在も強い味方です。スーパーバイザーは、いろいろな情報分析をして、店舗への運営に関する助言や指導を行ってくれます。

また、ローソンの物流システムは日配系の食品が1日3回、ドライ系食品と日用品は週6回と回数が多く、商品を安定して仕入れることができます。

ローソンでは全国各地で経営者説明会を開催していますので、まず説明会に参加して、フランチャイズシステムの概要説明を受けましょう。

フランチャイズとは

コンビニエンスストアや飲食店などの店は街に増え続けています。店舗の名前と同時によく目に付くのがフランチャイズという言葉です。フランチャイズとは、事業展開の一つの方式です。事業者本部が事業を展開していくために加盟店と契約を交わして、一定の地域で行う独占販売権を与えて事業を拡大していく方式です。 また事業者本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)が契約を取り交わして事業を共同して行う関係のこともフランチャイズいいます。 契約を交わした事業者本部と加盟店は、双方に権利と義務が発生し事業者側はサポートを行う義務があり、加盟店側はサポートを受ける見返りとして、加盟金やロイヤルティなどの金銭を支払う義務があります。

フランチャイズビジネスの業種には様々な種類があり、良く知られるところではコンビニエンスストアなどの小売業、ラーメン店、ファーストフードなどの外食産業、不動産業、などがあります。フランチャイズビジネスの発展を目的とした社団法人日本フランチャイズチェーン協会という組織も存在しています。

事業本部と加盟店は同じイメージで事業を展開しますが、直営店とは異なりフランチャイズの加盟店はあくまで別の事業者であり、共同経営の関係となります。トップダウンもありません。

フランチャイズのメリットとして事業者側は、少ない資金と労力で事業を拡大することができます。代表的な例は、コンビニエンスストアです。店舗を全国展開できたのもフランチャイズ方式が成功したからです。加盟店側のメリットとしては、自分が経験していない分野においても本部からのノウハウ指導があるため、経営を簡単にマスターできる仕組みになっており個人で事業を始める場合より効率的になります。 開業までのプロセスやその後の経営も指導してもらえることで、事業リスクが低くなります。

当サイトではフランチャイズに関する様々な情報をご紹介します。ぜひ参考にしていただき事業開始へのヒントにして下さい。

スポンサードリンク