×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フランチャイズのロイヤルティの相場と方式

フランチャイズの契約し事業を行う場合、ロイヤルティとして業績の一部をフランチャイズ本部に支払う事になります。このロイヤルティが高額である場合フランチャイズに加盟して本当に儲かるのかと言う疑問が沸いて来るとおもいます。ここではフランチャイズのロイヤルティが実際にはどの程度の額なのかご紹介します。

スポンサードリンク

まず初めに断っておきますが、フランチャイズのロイヤルティは均一ではありません。業界、会社、そして契約内容およびプランによって様々です。ですので、確実に何%と言う明確な記述はできません。

もちろん、相場と言うものは存在します。その相場よりも大きく下回っている場合は、契約を考え直したほうがいいかもしれません。

まず、フランチャイズのロイヤルティは3つの決定方法があります。一つ目は『儲け』に対して割合を設定する方法。二つ目は『売上』に対して割合を設定する方法。三つ目は割合を設けず一定の金額を支払う方法、となっています。これらも契約によって変わってくるので、どれが言いという判断は自分でするしかありません。ただ、傾向ははっきりしています。

例えば、一つ目の『儲け』に対しての割合と言う方式は、コンビニエンスストアのフランチャイズに多く見られます。その割合は、大体40~70%と言われており、割と幅が広いです。50%前後であれば、相場から見てまずまず、と考えていいかもしれません。

『売上』に対しての割合と言う方式は、最も多くの業種で見られます。飲食店であれば5%前後、塾は10~20%、パソコンスクールは10~30%前後と言った感じです。

定額方式の場合は、売上に関係なく同じ値段なので、大きく儲けた場合は自分の懐に入ってくるお金はかなり大きな額になります。その反面、売上が少ないとその殆どが本部に持っていかれてしまいます。

それぞれに一長一短がある、と言うことですね。

フランチャイズとは

コンビニエンスストアや飲食店などの店は街に増え続けています。店舗の名前と同時によく目に付くのがフランチャイズという言葉です。フランチャイズとは、事業展開の一つの方式です。事業者本部が事業を展開していくために加盟店と契約を交わして、一定の地域で行う独占販売権を与えて事業を拡大していく方式です。 また事業者本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)が契約を取り交わして事業を共同して行う関係のこともフランチャイズいいます。 契約を交わした事業者本部と加盟店は、双方に権利と義務が発生し事業者側はサポートを行う義務があり、加盟店側はサポートを受ける見返りとして、加盟金やロイヤルティなどの金銭を支払う義務があります。

フランチャイズビジネスの業種には様々な種類があり、良く知られるところではコンビニエンスストアなどの小売業、ラーメン店、ファーストフードなどの外食産業、不動産業、などがあります。フランチャイズビジネスの発展を目的とした社団法人日本フランチャイズチェーン協会という組織も存在しています。

事業本部と加盟店は同じイメージで事業を展開しますが、直営店とは異なりフランチャイズの加盟店はあくまで別の事業者であり、共同経営の関係となります。トップダウンもありません。

フランチャイズのメリットとして事業者側は、少ない資金と労力で事業を拡大することができます。代表的な例は、コンビニエンスストアです。店舗を全国展開できたのもフランチャイズ方式が成功したからです。加盟店側のメリットとしては、自分が経験していない分野においても本部からのノウハウ指導があるため、経営を簡単にマスターできる仕組みになっており個人で事業を始める場合より効率的になります。 開業までのプロセスやその後の経営も指導してもらえることで、事業リスクが低くなります。

当サイトではフランチャイズに関する様々な情報をご紹介します。ぜひ参考にしていただき事業開始へのヒントにして下さい。

スポンサードリンク