×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

開業資金について

開業資金はどんなビジネスにおいても重要な要因となります。フランチャイズでビジネスを始めようとお考えの方にとって、どの本部とフランチャイズ契約を交わすのかが大きなポイントになります。フランチャイズの本部について入念に下調べをすることはもちろんのこと、フランチャイズ契約に関するある程度の準備は必要です。その大きな一歩が開業資金と言う事になります。

ここではフランチャイズで独立を考えている方へ開業資金についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

その開業資金も本部によって金額が様々のようです。なんと0円でもはじめられるフランチャイズビジネスも見つかりました。特殊な洗浄工法を用いることにより建物の汚れを一掃してくれるお掃除やさんの仕事です。本部側としては、事業を普及するためが目的と言う事で、加盟するためのフランチャイズ契約金もロイヤルティも無料と言う事のようです。建物を綺麗に美しく蘇らせる事に生きがいを感じたいと言う方には、お薦めのフランチャイズビジネスではないでしょうか。

また反対に、開業資金として7500万円が必要となる本部も見つかりました。業種は子供からお年寄りと言う幅広い層で必要とされる文房具を扱うお店です。消費量が多い反面、通信販売での普及率が高くなって来ている時代に、やはり必要とされる街の文房具屋はそこに行けばなんでもそろう店でなくてはなりません。そのために必要な陳列用のじゅう器、商品の在庫代なども含めた金額が開業資金として必要とされるようです。

どの本部と契約するにしても、開業前からの準備はもちろんのこと、安定した経営を続けていくためには、努力が必要となるようです。

フランチャイズとは

コンビニエンスストアや飲食店などの店は街に増え続けています。店舗の名前と同時によく目に付くのがフランチャイズという言葉です。フランチャイズとは、事業展開の一つの方式です。事業者本部が事業を展開していくために加盟店と契約を交わして、一定の地域で行う独占販売権を与えて事業を拡大していく方式です。 また事業者本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)が契約を取り交わして事業を共同して行う関係のこともフランチャイズいいます。 契約を交わした事業者本部と加盟店は、双方に権利と義務が発生し事業者側はサポートを行う義務があり、加盟店側はサポートを受ける見返りとして、加盟金やロイヤルティなどの金銭を支払う義務があります。

フランチャイズビジネスの業種には様々な種類があり、良く知られるところではコンビニエンスストアなどの小売業、ラーメン店、ファーストフードなどの外食産業、不動産業、などがあります。フランチャイズビジネスの発展を目的とした社団法人日本フランチャイズチェーン協会という組織も存在しています。

事業本部と加盟店は同じイメージで事業を展開しますが、直営店とは異なりフランチャイズの加盟店はあくまで別の事業者であり、共同経営の関係となります。トップダウンもありません。

フランチャイズのメリットとして事業者側は、少ない資金と労力で事業を拡大することができます。代表的な例は、コンビニエンスストアです。店舗を全国展開できたのもフランチャイズ方式が成功したからです。加盟店側のメリットとしては、自分が経験していない分野においても本部からのノウハウ指導があるため、経営を簡単にマスターできる仕組みになっており個人で事業を始める場合より効率的になります。 開業までのプロセスやその後の経営も指導してもらえることで、事業リスクが低くなります。

当サイトではフランチャイズに関する様々な情報をご紹介します。ぜひ参考にしていただき事業開始へのヒントにして下さい。

スポンサードリンク