×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コーヒー店のフランチャイズ

スターバックスはコーヒー店のフランチャイズで最も有名な店ではないでしょうか?

スタバの愛称で親しまれ、日本のコーヒー店で最高のシェアを誇るこのお店も、フランチャイズによるチェーン展開を積極的に行っています。ここではコーヒー店のフランチャイズ、特にスターバックスについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現在世界30ヶ国に展開する特大企業で、日本には1996年に第一号店を出展しました。以降次々にフランチャイズ展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超えるまでに到りました。それはつまり、各県に平均10を超えるスターバックスのフランチャイズチェーン店があると言うことです。

これだけ多くのチェーン店を出すと言う事は、それだけ成功している事の証であり、独立起業を目指す人にとって、このスターバックスのフランチャイズはかなり魅力的と言えるでしょう。

アメリカ発のサービス業と言う事もあり、経営方針から接客スタイル、店舗の衛生状態、商品管理などありとあらゆる項目がマニュアル化されているので、コーヒーおよび接客業に関する知識のない初心者でも問題なく運営が可能です。

また、コーヒー店のフランチャイズは『スターバックス』以外にも沢山あります。主な例を挙げると、ドトールコーヒー 、プロントコーポレーション、珈琲館、タリーズコーヒージャパン、SEATTLE'S BEST COFFEE、カフェ・ド・クリエ、ブレンズコーヒー、カフェデュモンド、マックカフェなどです。

フランチャイズとは

コンビニエンスストアや飲食店などの店は街に増え続けています。店舗の名前と同時によく目に付くのがフランチャイズという言葉です。フランチャイズとは、事業展開の一つの方式です。事業者本部が事業を展開していくために加盟店と契約を交わして、一定の地域で行う独占販売権を与えて事業を拡大していく方式です。 また事業者本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)が契約を取り交わして事業を共同して行う関係のこともフランチャイズいいます。 契約を交わした事業者本部と加盟店は、双方に権利と義務が発生し事業者側はサポートを行う義務があり、加盟店側はサポートを受ける見返りとして、加盟金やロイヤルティなどの金銭を支払う義務があります。

フランチャイズビジネスの業種には様々な種類があり、良く知られるところではコンビニエンスストアなどの小売業、ラーメン店、ファーストフードなどの外食産業、不動産業、などがあります。フランチャイズビジネスの発展を目的とした社団法人日本フランチャイズチェーン協会という組織も存在しています。

事業本部と加盟店は同じイメージで事業を展開しますが、直営店とは異なりフランチャイズの加盟店はあくまで別の事業者であり、共同経営の関係となります。トップダウンもありません。

フランチャイズのメリットとして事業者側は、少ない資金と労力で事業を拡大することができます。代表的な例は、コンビニエンスストアです。店舗を全国展開できたのもフランチャイズ方式が成功したからです。加盟店側のメリットとしては、自分が経験していない分野においても本部からのノウハウ指導があるため、経営を簡単にマスターできる仕組みになっており個人で事業を始める場合より効率的になります。 開業までのプロセスやその後の経営も指導してもらえることで、事業リスクが低くなります。

当サイトではフランチャイズに関する様々な情報をご紹介します。ぜひ参考にしていただき事業開始へのヒントにして下さい。

スポンサードリンク